What's New


7月

・位置エネルギー特許の米国出願を行いました。

6月 

・慶応義塾大学理工学部と共同研究契約を結びました。

・位置エネルギーの機械的自動切り替えが可能なクラッチ機構の特許を出願しました。

2月

・位置エネルギー変換による通信ポール西風構想をリリースしました。

2018年

---------------------------------------------------------------

10月 

・10月25日 中小企業庁のメルマガの巻頭コラムに弊社IoT用自立電源が取り上げられました。

巻頭コラム IoT電源問題に応える再生可能エネ新技術を世に問う

 

http://j-net21.smrj.go.jp/e-mag/backnumber/h29/291025.htm

・10月10日(火)13:30 横浜

 ベンチャー支援機構MINERVAの第191回ビジネスプラン発表会でIoT向け動力アップモジュールを中心にプレゼンテーションいたしました。

http://www.npo-minerva.org/files/191thbp.pdf

8月

・位置エネルギー、弾性エネルギーの2特許がPCT国際公開されました。

  位置エネルギー PCT/JP2017/000077 2017年8月3日

  弾性エネルギー PCT/2017/000390JP 2017年8月17日

 

・弾性エネルギー変換技術のIoT向けエナジーハーベスティング(環境発電)技術への有効性が確認できました。最優先事案として、今後強力に推進してまいります。

 

astamuseに弊社特許4件が掲載されています。

https://astamuse.com/search?query=%E8%A5%BF%E6%B5%A6%E4%BF%A1%E4%B8%80

上記URLを選択して、右クリック、<選択したURLに移動>でご覧になれます。

 

7月 

水難救命装置及び水難救命装置用救命情報発信装置の特許についてPCT国際調査報告書で、すべての請求項に、新規性、進歩性、産業上の利用可能性を有するとされました。

 

4月

水難救命装置及び水難救命装置用救命情報発信装置をPCT国際出願しました。

 

3月

水難救命装置及び水難救命装置用救命情報発信装置が特許査定となりました。

 

2月 

・位置・弾性エネルギー蓄積装置の台湾への特許出願を行いました。

・位置、弾性エネルギー蓄積装置の2件の特許についてPCT国際調査報告書で、すべての請求項に、新規性、進歩性、産業上の利用可能性を有するとされました。

・主要特許3件すべてが特許公報に載りました。

・WEBページの構成をリニューアルしました。技術概要に主要技術の説明を記載”・位置、弾性エネルギー蓄積装置の台湾出願を行いました。

 

2017年1月

・位置、弾性エネルギー蓄積装置の2件のPCT国際出願を行いました。

・エネルギーケーブル伝達特許を米国、EPCに出願しました。

 

12月

・弾性エネルギー蓄積装置が特許査定となりました。

 

8月

・位置エネルギー蓄積装置が特許査定となりました。

 

7月

・平成28年度東京都外国特許出願費用助成金の交付が決定しました。

 

6月

第11回再生可能エネルギー展示会に出展いたしました。

 

5月

・往復運動機構(エネルギーケーブル伝達)が特許査定となりました。