風力利用IoT通信用自立電源 

西風

マイクロ風車が重力を蓄積、そして重力が発電

斬新な発想・技術が屋外IoTサービスをサポート!

 

電池やバッテリーのパフォーマンスでは不安

一歩上をいくIoTサービスの実現には

自立電源の”発電力”が必要です。

 

対象 

社会インフラモニタリング、気象観測等の屋外IoT

 橋梁、道路、鉄道、山岳、斜面等のモニタリングに好適です。

発電方式 

位置エネルギー変換方式風力発電 弊社特許技術

 屋外IoT通信に特化した電力のための画期的発電方式です。

発電タイプ 

インターバル発電

 小型、簡易設置、フリーメンテ、WIFI/LTEにも対応する送受信電力 

 屋外IoTに要求される条件を、通信間隔の調整で実現します。

 


"西風”の特徴 

■ IoT通信用に特化した弱風対応特殊風力発電

■ 特許技術によるインターバル発電でWIFI/LTEに対応できる通信電力を供給

■ 設置目的に応じて、小型化、発電量などフレキシブルに対応可能

■ 発電回数を通信と充電に振り分け、ライブデータの取得も可能

発生電圧が風況に影響されないので、微風時でもしっかり充電が可能です

■ 簡単設置のスタンドアローン化、通信中継点にも利用できます

     ※間欠的な通信を前提にしています。

 


自立電源”西風”使用イメージ

(センサー、マイコンデータ処理、および設置については、お客様の対応となります。)


位置エネルギー変換方式とは?

 

■特長

■弱風環境にフォーカスしたインターバル発電

■風力エネルギーの蓄積は、錘の位置に変換されます。断続的、不安定な風況環境でも、風力エネルギーは、減速機を通してトルクアップされ、確実に位置エネルギーとして蓄積されます(低カットイン)

■増速機付き発電モーターの駆動は、錘の重力。常に一定の電力が得られます。発生電力は簡単な回路構成で、ほぼロスなく利用できます。(画期的な低ロス設計)

発電間隔の設定で、風車の大きさや発電量、カットインレベルなど、環境に合わせてフレキシブルに設定できます。

 

■process

■風力による回転力を減速・トルクアップし、重りを持ち上げます。(位置エネルギー変換)

■持ち上げた重りをクラッチで切り離し、その重力で増速機付き発電モーターを安定回転します。(動力アップ駆動)

発生電力は、シンプルなDC、簡単な回路を経て、通信や充電に使用できます。(高効率利用)

位置エネルギー変換方式は、西風技研の特許技術です。

 


お問い合わせ、仕様のご相談はメールからお願いします

西風技研株式会社

東京都福生市大字福生517-4

℡042-552-7408 fax042-552-7408

mail info@nishikazegiken.com

スマホやPDAでご覧の方は、このページの最下段のサイトマップでコンテンツを選べます